健康は流行ではなく、食文化と5大栄養素から現状を見つめ直してみる事。

 

どうも、ZENです。

 

テレビでダイエットに効く食材とか健康に良い食材とか言うと

翌日、スーパーの棚から食材が消える程、売れる。

 

どこかの国で伝統的に食べられてる食材は、〇〇に効くと言えば

一気に注目を浴びて、食べなきゃなんて思ったりします。

 


動物の世界を見て見る


 

肉食動物は肉を食べ、草食動物は草を食べる。

そして、サルは木の実やフルーツを好む。

 

肉食動物は肉ばかり食べるが健康です。

草食動物も動物によって食べる草が違います。

 

そして、普段食べないものを食べると体調を崩したりもします。

 

また、人間が食べる味の付いた食品は与えると体調を崩すので

与えてはいけないとも言います。

 

健康に良いとされるものは動物によっても違います。

 


人間も国や環境によって食文化が違います。そして、体格も違います。


 

国や地域によって、食文化が違います。

また、最近でこそ、日本人も西洋人の様に背が高くなり足も長くなりましたが

かつての日本人の大名詞は胴長短足。野菜や穀物や魚を中心に食事をしていた為

体が、食べ物を消化吸収しやすい様に腸が長くなったから、胴長の体格になったと

言われます。また、私も含め乳製品やお肉を食べ過ぎるとお腹が緩くなる人が

多いのではないでしょうか。

 

元々、日本人は乳製品やお肉を食べる習慣があまりなかった為、

消化が出来ない場合があるそうです。

 

どこの国の人もそうですが、海外に行くとお腹の調子を崩しやすいと言います。

これは、水質が硬質と軟質による影響もありますが、普段あまり食べないものなので

消化能力がない食材を食べる事により起こる事も考えられます。

 


日本人の食文化とは


 

ご飯、味噌汁、納豆、豆腐、野菜、海の魚(特に近海の青魚)ではないでしょうか。

最近では、パンやお肉をよく食べられる方もおられるかと思います。

 

5大栄養素で言うと

・糖質;お米

・脂質;大豆、魚

・タンパク質;大豆、魚

・ビタミン;野菜

・ミネラル青野菜、海藻

 

西洋や海外の食材のお陰で、体格が良くなった事もあるので

西洋や海外の食材を否定するわけではないですが、やはり日本人は古来から食べている

ものを中心に5大栄養素や健康を意識する事でより効率よく健康を手に入れる事が出来ると思います。

 


最近の日本人に不足しがちなものは・・・


青魚と大豆食品ではないでしょうか。

子供の頃は、やっぱり青魚や大豆食品というものが食卓のメインを飾ると

文句を言ってしまったものです。そして、外食でも避けてしまいがちです。

 

ただ、30歳を過ぎたあたりから、青魚や大豆食品が好きになり

どちらかと言うと青魚や納豆等の大豆食品が食べたいなと思う事が多くなりました。

しかしながら、息子は嫌がるので、やはり洋食が中心になったりしてしまいます。

 

そうなると、5大栄養素の中で脂質とタンパク質が古来から食べて来たもの以外から

摂取する事が多くなるので、うまく吸収されない可能性がある為

栄養バランスが崩れやすくなると思います。

 

これは、あくまでも持論であって、医学的根拠はありませんので

そのあたりはご了承願います。

 


健康を意識するならば


 

やはり、大豆由来の食品や栄養補助食品

そして、青魚由来の食品や栄養補助食品

を、意識して摂取する事により、5大栄養素のバランスもよくなり

生活習慣病予防や免疫力の向上につながると思います。

 

もちろん、あなたの現在の食生活や食文化によって、答えが変ってきますので

皆が同じ結果にはなりませんが、恐らく多くの若い日本人は当てはまるのではないかと

思います。

 

最近、テレビCMでも流れている大豆プロテインですが、ダイエットにも効果的だそうです。

明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

新品価格
¥3,643から
(2020/7/14 00:15時点)

青魚由来のサプリメントで話題のオメガ3を摂取するのもよいと思います。

(大容量:約6ヵ月分/180粒)青魚de72,000

新品価格
¥1,900から
(2020/7/14 00:17時点)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングにも協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

(Visited 12 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です