旅から得られる経験や知識は人生を豊かにする

 

 

どうも、ZENです。

 

一ヶ月ほど前の話になりますが、ハノイからバスで約5時間の所にある

サパに行ってきました。

 

天空の街とも呼ばれ標高1500mの所にある街で多くの少数民族の方が

住んでおられます。

 

また、そこにはベトナム最高峰のFANSIPANと言う山があり山頂は、3,143mと

富士山に匹敵する標高となっております。

 

尚、山頂まではロープウェイやケーブルカーを乗り継ぎほぼ歩く事なく

たどり着けるので、厳しい山登り必要ありません。

 

 

 


少数民族の村をトレッキングする


 

計8時間に及ぶ約16㎞に及ぶウォーキング

途中、道がぬかるんでいたり、川となる場所もありました。

ただ、それも旅の楽しみです。

普段ならば、避けて通る様な道でも、旅となれば

楽しく前進出来るものです。

流石にゴールに着くまでに泥だらけになってしまいましたが

それも旅の良い思い出です。

 


旅の醍醐味、現地の人との振れ合い


今回のトレッキングのガイドさんは、現地の少数民族の方でした。

トレッキング中にガイドさんとお話するのも旅の醍醐味です。

 

ここに住む少数民族の方は、政府の援助を得て昔ながらの暮らしをし

観光業にて生計を立てておられます。

 

ガイドさんの話によると、基本お金は使わないそうです。

食べ物はほぼ自給自足です。

また、来ている服も自分で裁縫をして作ったものなので、

基本的に買うのは靴ぐらいだそうです。

 

女性の場合は、10歳くらいから裁縫を習い、基本的に誰もが服やカバンは自作出来る

ぐらいの腕前の様です。

 

皆学校には通っているが、街に出る人は少ないそうです。

なぜならば、街の暮らしはあまり居心地が良くないからだそうです。

 

ただ、ここに住む週数民族の方々は、途中でご飯を食べた民家の方々も

凄く英語が達者で、街中に住む人たちよりも語学レベルで言えば高い印象を受けました。

 

さすが、観光で成り立つ地域です。

 


街の資源


 

山肌や敷き詰められた砂利を見ても、真っ白な大理石だらけで

どこも贅沢に大理石が使用されていました。

 

また、水が非常にきれいなため、マスの養殖も盛んにやられている様です。

 

不思議な食物の乾物が沢山売られており、きっと街中では高値で売られているんだろうな

と思いつつも食べ方が解らないので、スルーしました。

 

ただ、乾燥シイタケは街中で売っているものよりも香りが強く

その他、野菜や鶏肉も不思議と素材の味や香りが良く、素材のそのものの

味を堪能できた為、料理自体は素朴でしたが、非常に贅沢が出来たなと感じる事が

出来ました。

 


旅とは人生を豊かにするもの


その土地の文化や習慣に振れると、自分の常識が常識で無くなる事が少なくなりません。

また、旅先での体験は抵抗なく素直にその土地の文化を受け入れる事が出来る為

視野を大きくすることが出来ます。

 

なぜ、素直にその土地の文化を受け入れる事が出来るかと言うと

旅は非日常な体験をする為に行くものだから、常識や価値観の違うものを

味わうために行くものだからです。

 

いつものマンネリ化した生活からは、新たな発見などなく

人生の深みや広がりなどほぼあり得ません。

 

人生の深みや広がりは、刺激的な毎日を過ごす事により出来るものだと

思いますので、旅から得られる知識や経験は人生を豊かにすると考えます。

 

追伸

お金持ちの方は、旅好きな方が非常に多いです。

そんな方とお話する時に意気投合して話が盛り上がるのは

旅の話が多いです。

その為、旅の話が出来ると金持ちの方と仲良くなれる可能性が高くなり

お金持ちの習慣や考え方と言うものを知る事が出来る様になりますので

人生にプラスになる事は多いと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングにも協力していただけると励みになります。


社長ブログランキング

(Visited 80 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です