より良い人間関係を作るには⁉

どうも、ZENです。

 

離職で一番多い要因は、低賃金や条件ではなく、人間関係と言われています。

家庭環境や友人環境を心地よく過ごすも居心地悪い環境で過ごすのも

自分の好きな事をしているやしていないではなく、大半が人間関係が

大きな影響を与えています。

 

人間関係の良し悪しが人生を大きく左右すると言っても過言ではない為

皆に良い顔をしがちですが、それはそれでストレスが溜まってしまうものです。



 


ネガティブな人を断捨離する


仕事上の上司や家族だとなかなか難しいですが

人の感情や行動って伝染します。

 

文句を言ってしまう職場でも長くいれば

気付かぬうちに、その文句を言っている人の行動や考え方って

伝染しており、同じ様な行動をしている事ってあります。

 

それって、人から言われないと気付かないって事が多いのですが

仕事をしていると担当者が変っても会社のカラーって出ていないですか

 

そう考えるとネガティブな集団にいると自分もネガティブになりやすく

ポジティブな集団にいると自分もポジティブになりやすいと言えます。

 


期待をしない


期待とは、期を待つと書く様に、受け身で相手の行動を待つことを言います。

夫婦関係がこじれる一番の要因が期待を裏切られる事により

相手に対して不満を持ってしまうからとも言われています。

 

私も過去に夫婦喧嘩をしていた時期がありました。

その時に妻から言われた言葉は

・家事の手伝いはしてくれているが、男しか出来ん事あるやろ・・・

・誰誰さんの旦那さんは、〇〇やのにあんたはなんや・・・・

・あんたは会社で働いているだけやろ、私は家事も仕事もこなしている・・・・

 

不満って、やって当然な事をやらないってどういう事や!!

みたいな気持ちの表れです。

 

また、成功本にも自分よりも他人を優先した行動をすれば

人間関係が良くなると書いてあることが良くあるのですが

 

人間関係を良くするためにと思って行動したのに

相手に感謝されない。相手は何も返してくれない等で

イライラして余計なストレスをためてしまう事があると思います。

 

それ故に、相手の事を思って行動するならば、見返りを求めず

奉仕する事が大事で、それが出来ないなら誰かに何かをしてもらおうと思わず

自分の事だけを考えてひたすら行動している方が良い様にも思います。

 


じゃ、より良い人間関係を作るにはどうすればよいのか


幸せだったり成功している人たちに囲まれて生きていけたら

自分もその人たちと同じ様に幸せになったり成功しやすいと思いませんか。

 

周囲の人たちは同じ様な収入や境遇の人たちで似た者同士が多いのも事実です。

そうならば、周囲にいる人たちの人脈を変える手もありますが

なかなか、難しいものです。

 

では、どうすれば人間関係を良くする事が出来るかと言いますと

それは、マッチングをする事です。

 

・AさんとBさんを引き合わせたら気が合いそうだなと思えば引き合わせて見る。

・困っている友人がいて、その問題を解決出来そうな人を紹介する。

 

そうすれば、どうなるかと言うと仲の良いグループの人脈に囲まれたり

問題解決をして喜んでいる人たちが自分の周りに増えてきます。

 

そうしているうちに、周りの人たちから良い影響を受ける様になりますし

何かあった時や面白い情報があった時に声を掛けてくれる可能性が増えてきます。

なぜならば、自分自身が周りにそうしてきたから、因果の関係で自分にかえってくる

可能性が高いからです。

 

自分よりも他人にあたえると自分に何らかの形で帰って来ると言われますが

やりたくない事や心にもない事をやり続けてもストレスが溜まり逆効果になる事も・・・・

 

そう考えれば、人を紹介するだけで周りの人がハッピーになると思えば

ストレスなく行動出来そうな気がしませんか。

 

また、ハッピーな人が増えると自然とネガティブな人が周りから消えていきます。

 

そして、ネガティブな人が消えて行けば、何かに期待をしなくても

前向きに行動する事が出来る様になります。

 

即効性のある方法で人間関係を良くする事は難しいですが

マッチングをして幸せな人を周りに増やしていく事が出来れば

人間関係によるトラブルって自然に減っていくと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングにも協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング



(Visited 83 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です