正義と不義は定義によって変わるもの

 

どうも、ZENです。

 

学生時代は、コロンブスの新大陸発見に対してコロンブス凄いなと思いました。

しかしながら、今思うとアメリカにも原住民が居て、幸せに暮らしてきたところに

コロンブスがやってきて、先住民の領土を奪い、先住民の幸せな暮らしを奪いました。

その裏側でヨーロッパからの移民者の中には多くの富を得るものも現れ

世界で一番の先進国となりました。

 

日本では、ヨーロッパ目線での歴史を学んだため、ヨーロッパ側から見たものが

自然と正義として認識をしている事が多いです。




香港の問題も本当の所は何が正義か解らない。


私は、かつての自由な香港に暮らしていた為、中国共産党は不義で反政府側が正義と

思っています。

 

なぜならば、香港って本当に素敵な場所で大好きだったから、今までの西側諸国よりの

香港であって欲しいとの想いがあるからです。

 

そして、西側諸国や日本での報道を見ると勿論 西側諸国の考えが正しいとの起点から

物事を見る為、共産党は不義だとの報道となります。

 

ただ、そこには中国共産党の立場から見た報道って見当たらない為

中国共産党の考えは好きではないが、フェアではないなんて思ってしまいます。

 

ここ最近は、中国共産党に対して世界的な集団リンチを加えている様な

感じも受けますし、かつての第二次世界大戦時の日本も今の中国共産党の様な

状態ではなかったのかななんて思います。

 


正義の為なら何をしても良いと思うのは勘違い


 

コロナの影響で、色々な理不尽な話を耳にします。

・他府県のナンバーを見れば危害を加える他府県狩り

・帰省中の人に対する誹謗中傷

・マスクをしない人を飛行機から降ろした事に対するSNSでの発言

 

マスクをしない人が飛行機から降ろされた件に関しては、降ろされた本人が後で

マスクをして湿疹が出た事からしていなかったとの発言をした事で

マスクをしていない人にも賛同する声が出ていたので、これはこれで良い事だと

思います。

 

ただ、正義って立場が変れば定義も変わる訳で、自分の価値観で正義の剣を振りかざすのは

誤った行動になりかねないので、注意は必要とは思いますね。

 


必要なのは相手を変える事ではなく自分を変える事


正義と不義は人それぞれ違います。

その価値観が違う人に対して、無用な価値観を押し付けても

相手からの反発を食らうだけです。

 

また、大人数で少数派を攻撃する事も集団リンチの何物でもなく

子供たちにイジメはダメだと言っている大人自身がやっていては

未来のある子供たちに示しも付きません。

 

必要なのは、価値観や定義のお互いの擦り寄りです。

報道もどちらか一方の価値観に同調するだけでなく

双方の言い分を公平に纏め報道する必要があるとも思います。

 


さいごに


この世に正義も不義もなく、あるのはその人の価値観で判断された出来事のみ

それ故に、正義の剣は時に不義の剣にも成りかねません。

もろ刃の剣となって自分に帰って来る可能性も否定出来ません。

 

立場は違えど、幸せになりたいとか利益を得たいと思う気持ちは同じです。

それ故に、理不尽だななんて思う事があっても物事を冷静に判断する事が

必要だと思います。



 

最後まで読んでいただきありがとうございます

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

(Visited 78 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です