中国は農薬漬けと言われますが、結構健康意識高いです。

 

どうも、ZENです。

 

香港での冬の楽しみと言えば、いちご狩りです。

ちょうど、12月から2月末頃まで楽しむことが出来ます。

 

いちご狩りの他にも野菜等もありますが、無農薬が売りでやっていますので

スーパーよりもかなり割高になってしまいます。



 


香港や中国のスーパーには、ほぼオーガニックコーナーが目立つところに配置されています。


私の母親は中国産の野菜等をみると気持ち悪いと言って避ける事があります。

まあ、テレビで爆弾スイカと言ってスイカが爆発したとか、工場の汚染された水で育った野菜を

内緒で販売したとか、成長剤で育った家畜等のマイナスイメージのニュースが流れているので

仕方はありません。

 

中国人自体も健康に気を使っている人が多く、食材に対してあまり信用をしていない人もいるほどです。

 

この食材に対する不信感がある為か、中国では高級スーパーは、オーガニックや無農薬野菜や果物

無農薬野菜等のエサで育った豚や牛等のお肉コーナーをメインで販売されています。

また、香港に至っては近場のスーパーでもオーガニックコーナーが入り口入ってすぐの一等地に

設置されている事が多くあります。

 

尚、オーガニック野菜等は、通常品の1.5倍から2倍の価格設定ですが見た目もあまりよくなく

小ぶりななのですが、結構 売れ行きは好調で、

オーガニックしか買わないという人もいるくらいです。

 


中国人は健康に気を使っている人が多いです。


私の昔住んでいた中国の深圳においても、隣の街の恵州に行けば

規定を満足したオーガニックファーム等があります。

 

また、各々が地元の特産品を知り合いの信用出来る人から取り寄せています。

また、農家さんから直接取り寄せる事が多いので、ミニマムロットが大きい為

数人で必要な数量を纏めて購入する事が多いです。

 

私も特産品のフルーツは良く購入に参加させてもらい購入をしました。

 

ただ、この様な動きはここ10年くらい前からの動きで、

その前はさほど気にしている人はいなかった様な気がします。


さいごに


中国では以外にも、農薬を気にする人が多く

普通のスーパーでも無農薬やオーガニック野菜を販売しているお店が多く

高級店は、それしか売っていない様な状況です。

また、産地等もしっかりと明記されていたり、日本の企業と技術提携して作られた

生でも食べれる卵も人気があります。

 

中国の野菜が農薬漬けなんて思われる方が多いかも知れませんが

中国国内では結構目を光らせて購入されている方が多いので、

スーパー等のある程度のお店であれば、日本よりも無農薬やオーガニック食材が

浸透しているようにも思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

(Visited 64 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です