脱ケミカル

 

どうも、ZENです。

 

最近、自然農や自然の素材に惹かれています。

色々調べれば調べるほど、面白いです。

 

私、興味を持つとのめり込んでしまうタイプなのと

市場で食料品を購入するのが好きなので、最近 チキンストック等の調味料を捨てて

市場の乾物や色んな部位の肉を購入してダシの研究を始めました。




香港、ベトナムの市場は色んな部位のお肉が売っています。


肉の写真は、見た目にちょっと綺麗ではないのでアップはしませんが

色んな部位のお肉が所狭しと売られています。

まあ、色んな部位と言いましたが、モツなんかは、ある程度は掃除をしてくれていますが

〇門の部分もついたまま、処理がされていない肉の塊が横たわっており、それをこの部分を

この位下さいって言って購入します。

私の場合は、8時から9時くらいに行くので、売れ残りの部位が少し残っている様な感じなので

全部まとめて買わされる事が多いです。

今日は豚のテールを1㎏購入しました。

本当は牛のテールが欲しかったのですが、市場で見つけられなかったので

豚のテールで、韓国風、中華風スープと色々試してみようと思います。


なぜ、脱ケミカルなのか


自然農の動画とか見ていたら、やっぱり自然のものが良いよななんて思います。

ベトナムの工芸品なんかを見ていたら、プラスチック等のモノをあんまり使いたくないな

なんて思います。

それと一緒で、チキンストック等も手軽に美味しく料理するのに欠かせないモノでしたが

体にあんまり良くないんだったら、少々手間暇かけてお金を掛けても化学調味料を使わない様に

したいななんて思うようになりました。

 

もちろん、全ての化学調味料を除ききるのは難しくて醤油等の調味料も添加物が入っているので

避けれませんが、そんな生活に意識が向くようになりました。


化学調味料を使うのと使わない時との差とは


まず、化学調味料を使用するとパンチの効いた味となり、ダシのうまみを物凄く感じます。

その反面、舌に刺激が残ると味が口の中に残り喉にも少々刺激が残ります。

 

化学調味料を使わない場合は、パンチが無くなり、少し水っぽくなります。

その反面、舌に刺激もなく、スープも水の様な感じでいて、うまみのある味となります。

 

私はどちらかと言うと化学調味料のパンチの効いた味の方が好きではありますが

ご飯を食べた後の胃腸の感覚から言うと化学調味料を使わない方が胃腸にも優しい様に

感じます。

あとは、化学調味料を使用すると喉が渇きやすいですが

化学調味料を使用しない場合は喉が渇きません。


さいごに


化学調味料や添加物のおかげで安くて美味しいものが何時でも手に入る様になりました。

その事に関しては、凄く有難い事だなと思います。

 

ただ、化学調味料等の添加物の影響で癌等の病気が増えているとも聞きます。

健康の為には出来るだけ自然のものを口にしたいと思える様になりました。

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

(Visited 35 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です