ベトナムは本物志向の人には魅力的な国

 

どうも、ZENです。

 

昨日、オペラの記事を投稿しましたが、オペラを観に行くのにあたり

ナイトドレスにて観劇する事って注意書きされていたので、家族で正装を致しました。

 

伝統的な建物で伝統的なオペラを観劇するからには、マナーも必要だと言う事を

今回初めて知りました。




チャイナドレスにアオザイって、旅の記念に購入する人は多いですが、なかなか出番がないんですよね


中国時代に私もチャイナドレスの男性版を仕立てました。

しかし、袖を通したのは2回くらいかな。

イベントがあっても、あれで電車移動とかする強いハートを持ち合わせていないので

現地でこそこそとお着換え致します。

 

妻もチャイナドレスを持っています。

しかも、私と出会う前に買ったものの様ですが、袖を通したところを過去の写真でしか

見たことがありません。

 

今回のアオザイは、ベトナム人の知人よりいただいたモノとなりますが

今回のオペラ観劇が無ければ、妻も袖を通す事がなかったかも知れません。

 

伝統的なドレスって、現地のパーティーでは抵抗なく着れるのですが

普段着て外出したりするのには抵抗あるし、日本で海外の伝統的なドレスを着て

電車に乗るのにも少し勇気がいるので、眠ったままになっている方

多いかも知れませんね。

 


過去は、仮装的なイメージだったが、落ち着いた模様だと、結構普通に着れそうです。


旅の記念だとか思うとちょっと変わった柄のドレスを購入してしまいがちですが

いただいたものは、落ち着いた白で胸元に落ち着いた色の刺繍が施されているだけでしたので

率直にアオザイも良いななんて思いました。

 

自分の妻ながらも、アオザイを着た姿を見て、ちょっとええとこの人みたいやん

なんて思いました。


バックはベトナム特産品です。


私もベトナムに来る前は知りませんでしたが、ベトナムと言えば鰐皮です。

バックメーカが自社でワニを養殖している様な場所なので、日本よりも割安で購入出来ます。

 

せっかく、ベトナムに来ているので、日本に帰国前にって事で、帰国を決めた今年の春先頃に

購入をしました。

 

一般的には、女性用の製品は背開きでおなかの部分が表面に来るように作られて

男性用には、おなかを開いて背中側のワイルドな模様が表面に来るように作られる様です。

 

日本時代や香港時代には鰐皮製品に興味もなく見る事もなかったのですが

よく見てみると鰐皮も良いものですね。

お値段は、ブランド物の何分の1ぐらいなんですが、高級感がありブランド物に負けてないですね。

 

もし、ベトナムに来られる事がありましたら、雑貨同様に鰐皮製品も自分様のお土産リストに

入れてみる事お勧めです。

 


さいごに


ベトナムは、まだまだ質が良く高級なものが安価で購入出来ます。

雑貨も良いのですが、最近思うのが、自然の素材を職人が丹精込めて製品にしたもの

このクオリティとコスパが半端なく良いです。

アオザイも質の良い生地に加えて、手作業で行われた刺繍が施されている事により

より一層の高級感が出ております。

 

ベトナムに来てよかったなと思えることは、このアンティーク家具にせよ

工芸品にせよ、良い素材を使い良い職人が作るとこれほどまでに良いものが出来上がるのかと

言う事がわかった事。

そして、日本では価格的に手が届きそうにないものでも、

ベトナムでは手が届く価格帯で存在している事。

 

人生、知らなくても生きていける事は多いが

知る事により人生をより豊かにする事が出来る。

 

高いブランド品を購入しなくても、無名でも高品質のものが安く購入出来る事をベトナムで知りました。

そして、世界中の途上国にはベトナム同様に、高品質なものを安く購入出来る市場があるのだろうな

なんて思います。

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

 

 

 

 

 

(Visited 53 times, 6 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です