厚生労働省の忘年会問題

どうも、ZENです。

 

連日、厚生労働省の方が送別会の為、11時過ぎまで宴会をされたニュースが流れていますね。

最初は、12時までのお店を探して宴会したと言っていたが、お店の人の証言で

残業の為、開始が遅れるから終了時間の延期も申し入れされた。

お店としては断れない・・・

 

また、やらせの様に一般の会社の人はWEB上で飲み会しているのに・・・・

みたいな映像を流しております。

 

厚生労働省の方の行動は非難されても致し方ないところはあると思います。

しかしながら、こんな事がニュースとして口論している事

情けないななんて思います。



そもそも、法律違反をしていたのか?


自粛をお願いしている側が、自粛しないのは言語道断です。

しかしながら、法律違反をしていたかと言うと違反はしていないと思います。

また、厚生労働省内の規定としても、罰則の対象として規定していないと言うのが

実情です。

 

ただ、感情論で皆が自粛している中で、なぜ政府側の人間が自粛しないとの事で

マスコミが叩きまくるのは、如何なものかと思います。

 

感情論で論議は良い結果を生みません。

もし、この行いが悪いと思うのであれば、万人に対して処罰の対象とする

これが、本来の姿だと思うんですよね。


さいごに


公務員だろうが、一般の方だろうが、有名人だろうが、日本人です。

法は人の上で平等でなければならず、公務員だから罰するべきみたいな事は

やってはいけない行動だと思うんですよね。

 

公務員の規定にあれば別ですよ

なければ、後出しジャンケンであり、単なる嫌がらせでしかありません。

 

法律や規定に問題があれば、法律や規定を見直す。

自粛を守らないのであれば、それに対して皆に平等に罰則を与える。

 

これが、法の下での平等です。

 

感情論で物事を話しても、良い結果にはなりません。

 

マスコミも商売なので、しょうがないところはあると思います。

しかしながら、もう少し原理原則を守り物事を判断してほしいものですね。

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

(Visited 41 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です