バイリンガルに育てる

 

どうも、ZENです。

 

日本語のブログで英語のYouTubeを紹介すると言う

少し強引なチャレンジを続けております。

 

ただ、強引に英語のYouTubeを紹介し続けてもダメだな

なんて思いますので、『バイリンガルに育てる』をテーマに

ブログを書いて行こうかなと思います。



バイリンガルに育てるには環境と親の意思が大切


両親のどちらかの母国語が英語であったり、お互いの共通言語が英語であれば、その子供は自然と英語を話す様になるでしょう。

ただ、私達夫婦の様にお互いが日本人であれば、そうは行きません。

そこには、英語で育てると言う強い意志が無ければ

中々、そうは行きません。

私の息子の様に香港で生まれ育った子供は沢山いますが

日本人社会で生きていると日本で生まれ育った子供よりかは

話せるかも知れませんが、英語で会話が出来ない子が大半です。

 

なので、海外で育ったからと言って英語が流暢に話せるとは

限らないのです。

 

それ故に、親の強い意志が無ければ

子供がバイリンガルに育つ事は難しいと思うんですよね。


さいごに


私たちの場合は、妻がバイリンガルに育てたいとの強い意志が

あった為、幼少期から英語の学校に入れて友達も英語を話す友達で固めると言った対応をして来ました。

 

まあ、そこまでしなくても英語は話せる様になります。

大人になってからでも遅くはありません。

 

しかしながら、ネイティブスピーカーになろうと思えば

幼少期からの思想教育が無ければ、細かい二アンスまで

習得出来ないので、大人になってからでは正直遅いです。

 

それ故に、英語もネイティブに話せるバイリンガルに

育てようと思うのであれば

幼少期から英語の環境を整える事が必須だと考えます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

(Visited 29 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です