オドオドしない方法

どうも、ZENです。

私は極度の緊張症で、学校でテストがある時は、毎時間必ずトイレに行っておりました。

また、人前で話すのも苦手で急に頭が真っ白になり、パニックから思いついた言葉を羅列し、自分でも何が言いたいのかわからなくなる事があります。

そうなってくるとドンドン焦り、話し方もドンドン早くなったりします。




緊張している時の状態は


心に余裕がなくなるので、オドオドして挙動不審状態になってしまいます。

また、頭の中で色んな引き出しを引っ張り出して、自分の考えもわからない状態にもなります。

この時の呼吸は浅く早くなっています。

なので、良く落ち着け深呼吸なんて言われたりします。

そして、不思議な事に深呼吸すると少し気持ちが落ち着いたりします。

体の状態はというと肩には力が入っているものの、足元はフワついていたりします。

この状態を回避するにも深呼吸が有効だったりします。

深呼吸と言えば、お腹から思いっきり息を吸ったりしますので

お腹に意識が向かっているとも言えます。


さいごに


良く落ち着いている人の事を肝が座っていると言いますが

堂々としている時って、肩の力は抜けているが、お腹にはしっかりと力が入っていると思います。呼吸もゆっくり深くしていると思います。

結局のところ、オドオドしないためには、お腹にしっかりと力を入れて

背筋を伸ばして深い呼吸をする。

これを常に意識して、行動する事により、常に冷静にいられる様になると思います。

呼吸や姿勢と言うものは、精神的な状態にまで影響を与えますので

ちょっとした事ですが、呼吸は深くゆっくりを心がけ、胸を張って背筋を伸ばす事で、オドオドってかなり改善されていくと思います。

私自身もこの方法でかなりオドオドしなくなった様に思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

(Visited 22 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です