日本産食材はアジアでは高級食材

 

どうも、ZENです。

日本に帰って来ると何でも美味しく感じます。

野菜一つにしても、素材の味がしっかりとあります。

特にミニトマトの甘味は、格別です。

香港時代は、安いミニトマトを購入すると味がないと言う事がしばしばありました。

肉にしても水っぽいと言うか味があまりない事が多かったです。




日本で買うものは、海外産でも圧倒的にハズレが少ない


日本の野菜は農薬が多いとか食材は添加物が多いなんて言われます。

ただ、私が見る限りでは賞味期限も海外に比べて短いし、工業廃水が川に流れ込むベトナムや中国を見ると農薬以前の問題なんて思います。

その様な環境ですので、海外輸出用の食材は現地で食べられる食材よりも安全な環境でしっかりと検査されたモノが輸出されているので、日本向けは安全なモノが輸出されています。

そして、味に関しても確認の上で輸出されているので、味自体も保証されています。

それに対して、海外の市場で販売されているのは、どこで栽培されたのかどの様な方法で栽培されたのかはわからないモノが多いです。

大根から青い汁が出たり、これ大丈夫みたいな事もありますので、

海外だとしっかりとチェックしたり、質の良いものを販売しているお店を見つけたら固定するみたいな事をしないと不味い食材や危険な食材をつかまされる事はよくあります。


さいごに


少しお高いスーパーでは、無農薬栽培の野菜と一緒に日本産の野菜が並んでおります。中国や香港では日本の食材と言えば人気の食材でした。

まあ、我が家は手が出なかったので、卵ぐらいしか買っていませんでしたが、現在香港やベトナムの現地食材と変わらない価格で買える事に幸せを感じ、やっぱり日本で買う食材は美味しいわと日々感じている事からアジアで結構良い値段をしているのに人気がある事に納得をしております。

生活面ではやっぱり日本は恵まれているななんて思います。

 

追伸

動画に音楽もつけ始めました。

少しずつではありますが、バージョンアップしております。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

(Visited 24 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です