ADAの取扱を開始するビットポイントって

どうも、ZENです。

まもなくADAコインを日本で初めて取り扱うビットポイントって大丈夫なんて思う方もいるかもしれません。

老舗でテレビCMもやっていたビットフライヤーやコインチェックならば知っている方は多いかも知れませんが、それ以外となるとなかなか知る機会もないですよね。

 

そこで、ビットポイントを紹介しようと思います。

株式会社ビットポイントジャパン
〒106-6236 東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー36階
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3248号
加入協会:
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
公益社団法人 日本監査役協会
社長は、小田玄紀
資本金、1億円
営業収益、12億(2021年3月期)
基本、日本で営業している取引所の全ては金融庁の認可を得ている業者となりますので、仮想通貨が如何わしく思えても如何わしい企業ではございません。
営業収益も12億もあるので、そこらへんの企業よりも収益を上げている優良企業だとも言えます。
仮想通貨投資が、他の金融商品よりもハイリスクハイリターンである事は間違いありません。
ただ、金融商品として認可をしている以上、取引所に対しても取り扱われる仮想通貨にしろ、金融庁のチェックが入りますので、他の金融商品を取り扱う企業と同等とも言えるし、他の金融機関が取り扱う製品と大差ないとも言えるので、ビットポイントもADAも裏が取れた安全なモノと判断も出来ますね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

 

(Visited 38 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です