香港でワクチンバブル到来か

どうも、ZENです。

 

緊急事態宣言が出されて自宅で過ごすゴールデンウィークを過ごしております。

 

また、65歳以上でワクチン接種が始まったばかり

の中でワクチンも国民に行き渡る量の確保が出来ていない状況ではありますが、16歳以下への接種対象の年齢も引き下げようとの検討もされております。




香港ではワクチンバブル到来かとの話題になっている様です


19年の暴動に続いてコロナによる行動制限の続く

香港にて、飲食業の夜の営業等の再開が検討

されています。

 

その条件として、レストラン等への立ち入り者に対してワクチン接種者しか立ち入れない事が決まった様です。

 

日本ではまだワクチン接種を義務付けてはいませんが

一部の地域では既にワクチン接種が義務付けられ

拒否するとお店への立ち入りを拒否されてしまうと言う

事態に陥るので、嫌でもワクチン接種をしなければ

ならない様です。

ただ、ワクチンを接種する事が増えれば

過去の様な賑やかな経済活動が復活するとの期待から

ワクチンバブル到来かなんて囁かれている様です。


さいごに


ワクチンに関しては、まだ副作用による問題が残っている事。将来的にどの様な影響が出るのかがわからない状況であるので、まだまだ接種に関しては

慎重に検討したい所ではあります。

 

また、インフルエンザのワクチンよりも発熱等の症状が

起きる可能性が高いと言われているので、インフルエンザのワクチンでも毎回39度以上の発熱をする私には

リスクでしか無いワクチンなので、今香港ではなく

日本で良かったとも思っております。

 

しかしながら、ワクチン接種で制限なく行動出来る様にする事等、徹底した対応をする香港の対応には

日本も見習うべきところがあるななんて思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

(Visited 34 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です