YouTubeやSNSはダダではない

どうも、ZENです。

もう、最近は電話なんてする事なく、lineで通話するので、通信費が減った。

インターネットでタダで色々な事を知る事が出来る。YouTube等で動画も見れるし本を読まなくなった。

 

この様に無料で使えるサービスが増えたので嬉しい限りです。




タダで誰もサービスを提供なんてしません。


無料でサービスを提供するSNSや動画配信サービス。

その裏で、Facebookの様に世界とトップ企業になったり

億を稼ぐYouTuberなんて言う新しいタイプの富豪が生まれています。

そのお金はどこから来ているかと言うと広告を出す企業からとなります。

その企業のお金はどこから来ているのと言えば、消費者である私達となります。

商品には全て広告費を上乗せした価格で販売されていますので、購入した製品の内、数%は広告費ということになりますので、手放しでは喜べない部分があります。


さいごに


現在の社会の仕組みでは、表面上無料で受けられるサービスが増えている様に見えますが、そのサービスの運営費は広告費で成り立っています。

そして、その広告費の原資は私達が購入をした製品代に盛り込まれているという事を忘れてはいけません。

その広告業界ですがテレビや電通等の華やかな世界の代表的な存在が収益源で苦しい状態に追い込まれている企業もあります。

その反面、SNSやYouTubeで稼ぐ人も増えている事から、広告費はテレビからSNSやYouTubeに流れているとも言えます。

SNSやYouTubeは個人の情報発信に頼ったビジネスモデルです。

タダだと思って使用しているSNSやYouTubeは間接的に広告費を払っています。

そして、多くの収益を出す個人も増加傾向です。

それ故にYouTubeやSNSはただ単に使用しているだけでは、サービス提供者の為に時間を費やしているだけになりますので、どうせなら広告費を稼ぐ立場でいたいものですね。

 

追伸

久しぶりのアップロードをしました。

内容は動画を見ていただけると幸いです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

(Visited 25 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です