コロナの夜明けは近いのか

どうも、ZENです。

 

コロナを抑え込むためにワクチン接種を呼びかけており

現在1回目の接種者が60%を超えております。

ただ、ワクチン接種をしても次から次へと新型コロナが発生して出口が見えないまま2年が経過しております。

ただ、シオノギ製薬が年内に飲み薬の承認を得るための臨床実験が始まりますので、ようやく出口が見えてきた様な気がします。




治療薬が出来れば、自由になれる


かつては結核も死の病と言われ、かなり恐れられました。

しかし、現在は治療薬があるため、完治出来る病で騒がれなくなりました。

インフルエンザも急な高熱で動けなくなる事。そこから肺炎に罹り死に至る可能性があります。

コロナよりも感染力が強く死亡率も高いインフルエンザですが、治療薬があるので、コロナみたいには騒がれません。

数年前に息子が学校からインフルエンザをもらい、それが妻にまで感染した事がありました。あの時はビックリしましたね。

何か調子が悪いと言った次の日の朝には、二人とも高熱に侵され動けなくなりました。ただ、病院でタミフルや点滴治療がうけれた為、すぐに落ち着きましたが、あの治療が無ければ、インフルエンザもかなりやばい病気である事がわかりました。

コロナは治療方法が確率していないから怖いだけ、容態が急変する病気はコロナでなくとも沢山ある。


さいごに


既に初期段階のコロナを治療する点滴は存在します。

そして、多くの方がコロナから回復されています。あとは、飲み薬での治療が出来る様になれば、自宅療養でも安心感が違ってきます。

そして、インフルエンザの様に体調が悪ければ、病院で点滴して治療薬を渡され自宅で治療する日が飲み薬の承認によって、かなり近づいて来ると思います。

 

早く、自由に動き回れる日が来てほしいモノです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

 

(Visited 47 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です