来年はコロナも終息しそうです。

どうも、ZENです。

来年は、コロナも終息に向かいそうですね。

日経新聞にて、ファイザー社が、コロナウイルスの治療薬として開発している『パクスロビド』にて、新たに発生した『オミクロン型』のウイルスの増加を防ぐ効果があると発表しました。

一方、オミクロンではないデルタ型など既存のウイルスを対象とした別の治験でも飲み薬の効果が確認された。既往症や肥満などで重症化リスクの高い患者を対象とした最終治験では入院または死亡のリスクを89%低減することが分かったようです。

詳細を知りたい方は、下記の日経新聞の記事を確認下さい。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN14CM10U1A211C2000000/

 

また、中国の製薬会社でも同様の効果がある薬の開発が出来た様です。




コロナが終息した後の世界を妄想してみる。


航空業界や観光業等に光が見えたりするので、割安感のある株価は大きく反発しそうだなとか、株価や景気が回復する事が目に浮かびます。

ただ、環境問題が大きく唱えられている状況下で新たな制限が設けられる可能性が高いです。

なので、今までの様に安くて自由に世界中を移動するとかは、少し難しいかも知れません。

メタバース等によるバーチャル空間での活動も活発化されるだろうから、家に篭る生活からはあまり抜け出さないのかななんて思います。

結局のところ、コロナ明けも然程自由にはならないのかなとも思われるし、

最近、YouTube等で実際の調理師がレシピを公開しているので、かなりお店の味に近い料理が家庭でも楽しめる様になっているので、ワザワザ外食しなくても家で再現できるわとの思いが脳裏を横切る事、在宅ワークでも問題ない職種も増えている事から、嘗ての賑わいにまでは戻らないとも思えます。


さいごに


コロナの治療薬も出来、来年の世界は解放に向かうモノと思います。

ただ、コロナで変わった生活スタイルは大きく変える事はないだろうし、

脱炭素による規制も厳しくなったりする事が予想されます。

 

来年はどうなるかは、まだ誰もわかりませんが、世界は過去に戻るのではなく

新たなステージに向かって進む出す事でしょうから、今は今後の世の中に使われそうな案件に投資する事を考えて行動すれば、割安で有望案件に投資出来る可能性が非常に高いです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

仮想通貨投資を始めるなら、ADA、ジャスミー、ポルカドットの取扱のあるBITPOINTがお勧め
また、今なら3000円相当の仮想通貨(ジャスミー、ADA、チェーンリンク各1,000円)が貰えますので、この機会にぜひ投資をしてみては如何でしょうか

口座開設はこちらから

 

 

(Visited 47 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です