ウクライナ問題を立場を変えて考えてみる。

どうも、ZENです。

ウクライナは、ソビエト連邦が崩壊した時に独立した国となります。
また、ウクライナとロシア民族は元々同じ民族と言われています。

そんなウクライナが冷戦時代の敵であった西洋諸国と軍事同盟に加わり
ロシアと敵対する様な発言をしたのが、事の発端となる様です。

そして、ロシアのウクライナに対する要求は、NATOに参加せず
中立の立場でいる事。

では、このウクライナの問題を日本に置き換えて考えてみる。

日本が崩壊し、北海道/沖縄等が、それぞれ独立した。
そして、独立した沖縄が中国の軍事同盟に加わり
日本とは一線を引くと言い出した。

それに対して、日本は中国の軍事同盟に入ってはならない
せめて、中立な立場にいてくださいとお願いした。

しかし

ながら、沖縄はそれを無視して中国の軍事同盟に絶対に入ると
言い出したら、日本政府はどの様に考えるだろう。

ロシアの様に侵攻する事は無いかも知れませんが
かなり、険悪なムードになる事は間違いないでしょう。

私が日本の政治家ならば、沖縄に対して何らかの罰則を与える法案を通そうと
する事でしょう。

なぜならば、日本包囲網が出来て安全が脅かされる可能性があるからです。




さいごに


ウクライナは、NATOに加わることを断念したと報道で
原油相場が安堵感から下落相場になりました。

 

最初から、NATOに加わろうとせず中立的な立場を取っていれば

今回の侵攻はなかったのかも知れない。

 

そう考えれば、ロシアだけを非難しウクライナに同情するのはどうなのかと思う。

喧嘩両成敗とも言いますが、原因は双方にある。

 

そして、それを煽った欧米諸国にも責任はある。

また、制裁を加えた日本にも責任はある。

 

私はロシアの味方をする気はないが

ウクライナへの同情もする気はない。

 

ただ、被害を受けたウクライナの民間人には同情するし

ロシアのタレントやスポーツ選手に対しても同情する。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

仮想通貨投資を始めるなら、ADA、ジャスミー、ポルカドットの取扱のあるBITPOINTがお勧め
また、今なら3000円相当の仮想通貨(ジャスミー、ADA、チェーンリンク各1,000円)が貰えますので、この機会にぜひ投資をしてみては如何でしょうか

口座開設はこちらから

プレゼントには、紹介コードが必要です。

よろしければ、私の紹介コードをご利用ください。

紹介コード:TWVMNGXBSG

 

 

 

 

(Visited 39 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。