日本では差別だと言われそうだが、香港の学校制度は効率的

どうも、ZENです。

 

日本の効率の義務教育においては、地域の子供が差別や区別なく

同じ教室で同じ授業を受けるのが当たり前ですが

香港は当たり前ではありません。



香港では公立の学校でランク分けがされており

地区内にある学校を自ら選ぶことが出来ます。

 

また、地区内に理想の学校が無い場合は

引っ越しをするケースも珍しくありません。

 

そして、小学校入学時にどの学校に入るのかは

非常に重要で、その後の人生を大きく左右したりもします。



それは何故かと言うと、日々の授業の成績が悪ければ

ランクの低い学校に強制的に転校させられる事。

 

上のランクに転校しようとしてもスポーツによる一芸があったり

よほど上位の成績でないと上のランクの学校には上がる事が出来ないのです。

 

そして、どこランクの学校に在籍しているかにより高校以降の選択肢も

確定をしてしまいます。

 

ランクの低い学校に在籍しており高校に進学出来たとしても、

そこは進学の為の学校ではなく職業訓練校となり美容師や調理師等の

専門的な職業に就くための授業が中心となり大学受験の資格すら与えられません。

 

そして、ランクの高い学校にいる生徒は学校の成績により進学出来る大学が

決まっており、厳しい大学受験と言うものはありませんが、誰もが受験をして

大学に行けると言う事は無く、成績上位者から進学出来る大学を選択する権利が与えられて

成績が悪ければ、進学出来る大学の選択肢も少なく

場合によっては大学を選択する権利すら与えられません。



これはあくまでも公立学校での話であり

ある程度裕福な家庭は、インターナショナルスクールに通わせます。

それは何故かと言うと、香港の大学にはインターナショナル枠も存在しており

普通の公立に通う生徒よりも大学に進学出来る可能性が高いのです。

 



 

日本では平均的な子供の学力に合わせて授業を進めるので

頭の良い子はレベルが低く面白くないので、私立学校に行くケースも少なくないですし

頭の悪い子は、授業についていけず、更に落ちこぼれると言った悪循環がある様にも思います。

その為、子供の学力に合わせて、学校の振り分けを行う香港は非常に効率的だし

皆に平等な教育環境を与える事が出来ていると思います。



 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

お勧め情報

仮想通貨投資を始めるなら、ADA、ジャスミー、ポルカドットの取扱のあるBITPOINTがお勧め
登録すると500円分の仮想通貨がもらえますし、取引すると更に1000円もらえます。

口座開設はこちらから

プレゼントには、紹介コードが必要です。

よろしければ、私の紹介コードをご利用ください。

紹介コード:TWVMNGXBSG

 

・歩くだけで、稼げるアプリ『SWEATCOIN』
1円も負担は掛けずに稼げますので、登録してみてください。
ただ、報酬は仮想通貨なので、口座開設をする事が条件となります。

https://sweatco.in/i/mover34604951997

 

 

 

 

(Visited 35 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です