健康を意識する。

どうも、ZENです。

 

中国で病気やけがをすると全て前払いで検診費用や治療費を支払わなければ

ならない為、お金の持ち合わせがなければ、助かったかもしれない命を落として

しまう可能性が高まります。また、救急車は有料である為、周りの人が気を使って

救急車を呼んでも呼んだ本人が費用の支払いをさせられかねない事

後々、お金の問題で揉める可能性がある為、多くの人は見て見ぬフリをします。

 

ベトナムにおいても、交通事故を見かけても絶対に助けるなと言われます。

特に外国人は責任を押し付けられ、賠償請求をされるケースがある様です。

 

その他、病気をした場合、自国民ならば国の補助がありますが

海外だと国の補助が無い為、帰国を余儀なくされるケースがあります。

 


健康を損なうと生活は一変する


海外では、手術を使用ものならば、即金で数百万円単位の費用が必要となります。

もちろん、日本でも通院が必要になったりするだけで、支出が大きくなったり

収入自体にも大きな影響を与えかねません。

 

ただ、毎月10万円を超える治療費が発生する可能性がある場合は

高額治療費申請をすれば、収入に応じて70%以上の費用負担が免れる事が出来る為

少しはマシであるが、生活を一変させる可能性がある事には間違いありません。

 


健康の定義って?


病気やけがをすれば、生活が一変するのは明確ですので

健康を維持向上させる必要がある事は明白です。

 

ただ、私の様に40歳を過ぎれば、体力も落ち疲れが取れにくい等

体の不調が増えて来るので、放っておけば、健康は低下するばかりです。

 

では、健康の定義と聞かれても、過去の若かりし日の私には病気やケガがなければ

健康と考えていましたが、健康診断での数値が悪くなったり体力が落ちて来ると

病気やケガが無ければ健康との定義を考え直さざるを得ない状況となっておおります。

 

健康診断での数値が正常である事であったり気力/体力も十分にあり

毎日笑顔で自分の満足する行動が出来なくては健康とは呼べないなと思います。

 


食事に気を付ける


サプリで栄養補助を行う

糖質制限を行う。

ダイエットを意識した食事メニューを意識する。

等々、色々な考え方があり、全て正しいと思います。

 

但し、自分の体の状態を無視してテレビ等の情報を鵜呑みにして

極端な行動に出るのは危険ですので、おススメは致しません。

 

私のおすすめは、まず人間ドックで体の状態を知った上で

状態に応じた献立をくむことをお勧めいたします。

 


私の健康法


飲み物はデトックスや栄養補給を意識する。

また、出来る限り多くの水分をとり、食事を除く水分補給は毎日1.5リットル以上を

意識しております。

 

最近のお気に入りは

・ハチミツレモンウォーター

・ハチミツ豆乳ウォーター

・ノニ茶

・コーヒー

最近少し疲れやすいんですよね

その為、免疫力UPや肝臓の健康を意識した飲み物を中心にしております。

 

食事に関しても

朝は、コーヒーのみ基本食べません。

夜は基本、コメ、野菜、豆腐、卵の組み合わせです。

肉は鶏肉ぐらいで出来る限り控えております。

魚はサンマやサバ等の青魚を中心にしていますが控えております。

 

なぜならば、タンパク質を多く摂取する必要があるが

肉から摂取すると体が酸化しやすいので、豆製品から摂取する事により

体の酸化を抑えながら、多くのタンパク質を摂取出来ると考えるからです。

 


最後に


 

健康的な食事に関しては、自分にとっての正解や不正解はあったとしても

万人に対して正解や不正解は無いと思います。

 

ただ、言える事は自分の体の状態を知り

自分の健康の定義を明確にし

どの様な状態にしたいのかを先に明確にする事が一番大切だと思います。

 

あとは、理想とする状態に持っていくための献立を考えるだけですが

極端な献立を避け、5大栄養素を意識し老廃物をしっかりと排除する事を

意識しながら、不足分を補う為に意識して何かを多めに摂取する事をお勧めします。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングにも協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

(Visited 55 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です