古代エジプト時代から重宝された万能調味料

 

どうも、ZENです。

 

香辛料を知ると料理の幅が一気に広がります。

今回の調味料は、『クミン』です。

 

カレーにも入っている調味料で知っている方は多いと思いますが

これまた、万能調味料で炒め物からスープまで、何でも使える優れものとなります。

 

私は、98年に中国の吉林省に留学をしましたが、羊の串焼きの美味しさに

かなりハマった経験があります。そこで、調味料として塩・トウガラシの粉・クミンと

シンプルな味付けながらも、羊の香りを打ち消し存在感抜群の調味料がクミンだった事も

あり、今でもクミンを愛用しております。

 

その羊料理のスパイスが、日本でも羊名人として販売されているので

お試しあれ

羊名人 40g ×3個

新品価格
¥972から
(2020/8/23 18:40時点)

スポンサーリンク





クミンとは


 

クミンは、エジプト原産のセリ科の一年草です。別名でウマゼリ、キュマン、ジーラなどとも呼ばれています。古代エジプトの医学書に載っていたり、美容や薬用、まじない、料理などに使われていたりします。

 

昔、留学時代に羊の串焼き屋さんでクミンを炭の中に放り込んだ事がありますが、

その煙は鼻を突きさす様な痛みが伴いますので、燃やすと危険です。

 


クミンの効能とは


スパイシー丸山さんと言う方が、わかりやすく紹介されていますので

詳細は、こちらから確認していただけると幸いです。

こちら

内容はこんな感じです。

  • 消化を改善します …
  • お通じを改善します …
  • ガンと闘います …
  • 血圧と心拍数を整えます …
  • 風邪や喘息を和らげます …
  • 貧血を予防します …
  • 夜の営みを改善させます …
  • 妊娠中の女性に役立ちます

ここ最近では、ダイエットにも効果があるとの事で注目されていた様ですね。

すみません。グーグル検索して初めて知りました。

 


料理方法


・野菜炒め

いつもの野菜炒めの調味料に+αでヒトフリかけて見てく下さい。

一気に食欲が増す香りに包まれ、味にアクセントが出来ます。

 

・スープ

コンソメスープ等、普段食べるスープにウコンとクミンを混ぜるだけで

完全にどんなスープでももれなくカレー風味になります。

パクチー同様に強烈な個性を持っているので、

毎日使用すると味がマンネリ化してしまいます。

 

・カレー

色々なスパイスがありますが、ベースはこの5つのスパイスがあれば

カレーになります。

・ウコン

・クミン

・塩

・胡椒

・チリパウダー

 

そこにニンニクと生姜と玉ねぎを多めの油で中火でじっくりと炒める。

その他具材は、お好みで好きな具材を思いっきり放り込んで下さい。

 

私は2008年にインド旅行をしました。その時にガイドさんのお家でカレーの作り方を教わりましたので、インドカレー作りのポイントを記載しますね。

・水は使用しない。(スープカレーは水を使用します)

・ニンニク、ショウガは、石うすで潰す。その方が香りが引き立つ様です。

・油は多めで、具材のエキスとスパイスを油に溶かす事。

 

カレー粉が無い場合は、5つのスパイスで美味しいカレーが出来ます。

尚、最近のお気に入りは、豆腐カレー・オクラカレー・茄子カレーです。

そして、ニンジン、玉ねぎをベースにしております。

ぜひ、お試しください。

 




 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングにも協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング
 

(Visited 77 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です