豊かさは人それぞれ違います。

どうも、ZENです。

 

只今、大阪市内にある下町の木造2階建ての民泊に宿泊しています。

民泊の場所は細い路地の中にあり、カーナビで目的地についているにも関わらず

場所が見つからず、困惑致しました。

 

木造2階建て50平米のつくりは、結構無理している感が強く

階段も梯子かと思うくらい急な作りとなっております。

 

私自身、郊外の田舎で育ったため、幸い家は広くゆったりとした環境にて

過ごしてきました。

 

また、途上国にて外国人として過ごすとなるとそれなりの高級住宅に住めるので

今から思えばかなり優雅な暮らしをしておりました。

 

最後のハノイにおいては、150平米の部屋にマンションで共有のテニスコートやプール等が

併設されている様な環境であったため、日本では有り得ない様な環境ではありましたが

日本人や外国人には一般的な環境でもありました。


市内下町は便利だが、豊かではない。


若者がワンルームで市内に住むとなると便利で最適な場所だと思います。

私自身も20代独身であれば、迷わず郊外のゆったりとした環境など選ばずに市内の便利な場所を

居住地として選びます。

 

しかしながら、家族が出来、子供が大きくなってくるとその価値観が薄れ

便利さも必要ですが、少しくらい郊外でも良いのでゆったりとした環境に住みたいと思います。

 

今回、市内のJR環状線の最寄り駅まで徒歩5分と言う最強の立地ではありますが、

ここで生活するのは無理だと思えてしまいます。

 

なぜならば、生活にゆとりが感じられないからです。

家は密集しており、道路も狭いので家の前まで車で入る事が出来ません。

また、きれいな外装で高級車も泊っている家もありますが、どこも狭く庭などありません。

 

これならば、一軒家ではなく、マンションに住んだ方が便利だし心地よい環境を手に入れられるな

なんて思ってしまいます。

 

そう考えるとお金の有無、収入の多い少ないに関わらず、今の私の状況から判断すると

市内の下町は便利だが豊かでななく、貧しいななんて思ってしまいます。


さいごに


年をとれば、郊外の一軒家よりも狭くても駅前の便利な場所を再び求める事になるとは思います。

豊かさは、人やその時の状況により感じ方や求めるものは違って当然です。

 

私自身は畑で家庭菜園等をしたいので、庭付きの家に住みたいななんて思っていましたが

現在は、便利さを追求すると駅前のマンションが一番条件が良いななんて思っています。

 

また、少し郊外でも良いので、手に届く範囲でゆったりとした環境が

自分にとっては、最良の場所ではないかななんて思います。

 

豊かさって、どれだけ最優先の条件を満たした暮らしが出来ているかによって決まると思いますので

自分にとって最良の環境を妥協せず手に入れていきたいものですね。

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

(Visited 34 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です