正義のヒーロー気取りはダメだよね

どうも、ZENです。

 

最近、北海道の女子中学生のイジメによる

自殺に関するYouTube動画を良く目にします。

 

加害者に対して許せないと言う気持ちは

勿論あります。

そして、イジメを通り越して犯罪であり

未成年だからと言って許される範囲を

超えた内容であるとも思います。

 

過去よりこの未成年に対する犯罪行為において

日本は甘過ぎるとの認識はあります。

 

ただ、それを一般人が正義の味方なのか

視聴率稼ぎかはわかりませんが

行き過ぎた内容は控えて欲しいななんて思います。

 




加害者と思われる人を晒す行為はどうかと思う


私も勿論加害者の素性は興味がありますし、

動画も見ました。

そして、顔写真や名前が晒されて学校を中退したとも

言っておりました。

まあ、自業自得だと言えば自業自得です。

 

しかしながら、加害者の写真や名前が間違っていた場合の責任はどうするつもりなのか。

警察でも無いただの一般人が勝手に人を裁いても

良いモノなのかは少し疑問に思います。


学校の対談内容の保護者の言葉にも疑問が残ります。


学校がイジメを隠蔽し対応を取らなかった行為に対しては、あってはいけないこうであるとは思います。

ただ、実際に自分が先生だったら回避出来るのかな

なんて考えても、解決する自信などありません。

そして、担任の先生がデートで保護者の相談を

断った事実はあるかも知れませんが、それは勤務時間外のプライベートの時間の中のたった一つの出来事に過ぎません。

デートをキャンセルし保護者の相談に乗っていたら

解決していた問題だったとは到底考えられません。

 

それよりも、周知に学校に対して担任を変えろだとか

責任を追求する保護者の方が問題だと思います。

少なくとも自分の子供はイジメがあった事は

知っており、犯罪には加わっていないかも知れませんが

イジメの現場を楽しんでいたか、知っていたが

無関心だったと言うのが事実です。

学校だけが悪いのでは無いです。

そのクラスメイトもその保護者も同罪です。


さいごに


結局は誰もが責任を誰かのせいにしたいだけ

なんですよね。

そして、何も手を打とうとしない。

それを面白がって情報発信をする。

それも自分が正義の味方であるかの様に振る舞う。

 

ただ、そんな私たちの行動を子供達は見ています。

そして、多くの大人達や親がとる行動が正しいもの

面白いモノとして誤った認識をしてしまいます。

 

正義のヒーローとして人を責めても

人を責める大人が増えるだけです。

そして、警察でもないのに犯人だと思われる人の

写真や本名だけでなく、プライベートな情報まで

情報発信してはダメです。

 

正義のヒーローであっても、無断で他人のプライベート情報迄情報発信してしまっては、他人の人生を狂わす行為にもなりかねないので、性質的にはイジメを行った加害者と何ら変わらないと思うんですよね。

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

 

(Visited 40 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です