増えるエコバック万引き!買い物袋の削減は本当に環境対応の最善策か

 

どうも、ZENです。

 

増えるエコバック万引きと言う記事を見ました。

確かにエコバック持ってお店に入ったら、どうぞ万引きしてくださいと言っているようだな

なんて思います。

 

ベトナムにおいては、スーパーでの買い物を行うのに、カバン類をロッカーに預けるか、タイロック等でファスナーを閉じた状態にしなければ、店内に入って買い物をする事が出来ません。

*ショッピングモール内やコンビニ等の小さなお店は対象外




日本のスーパーは、過剰パッキング


買い物後の袋の削減を目標に買い物袋が有料化されました。

しかしながら、買い物袋の中身を見ると不要なプラスチックトレーにラッピング。

中国やベトナムでは、お肉や野菜を好きなだけ選んで計量をして購入する事が多いので

色んな野菜もまとめてビニール袋に詰められて封をされたり、お肉もビニール袋に入れられるだけ

みたいな事が多いです。

旅行で言ったヨーロッパや東南アジアでも同様に日本ほど、きれいなパッキングをしていない

印象があります。


過剰パッキングなのは過剰品質が原因


日本の野菜は大きさも揃っているし外観もかなり綺麗です。

中国やベトナムは、傷物も平気で販売されていますし、大きさもまばらです。

ただ、高級スーパーは日本同様に大きさも揃っているし外観も綺麗です。

そして、過剰パッキングです。

 

外観に傷がついていても味に全く影響はないし、大きさがバラバラでも

好きな大きさのものを選んで購入すればよいだけなので、特に気にならないんですがね。

 

そして、綺麗にパッキングしてもゴミが増えるだけなので、邪魔だのにななんて思います。

 

ただ、綺麗にパッキングすると売れやすいですし、多くの買い物客を効率よく対応するには

予め綺麗にパッキングしておかなければ、手間や人件費が掛かってしまう事は理解しています。

 


さいごに


景気も悪くなっておりますし、多くの海外の人も日本で生活しております。

また、日本に住む海外の方の大半は、新興国からの出稼ぎです。

 

そんな中でエコバックを店内に持ち込んで買い物するって、どうぞ万引きしてください

って言っている様なものだと思います。

 

なぜならば、お会計済みなのかぱっと見わかりにくいから

万引きへのハードルを著しく下げており、気持ち的にも魔の手に染めやすい環境を作っていると

思うからです。

 

また、買い物バックの削減をするよりも、個別パッキングに使用しているトレーやラッピングの

削減をする方が、プラスチックごみの削減に大きく貢献すると思うのですが

人件費や手間を嫌がるスーパー側の意向を尊重しているのですかね。

 

どちらにせよ、プラスチックごみの削減や万引きの予防対策は解決しなければならない問題です。

私的には買い物袋は無料にして封をしていない袋の店内持ち込みを禁止し、

買い物袋ではなく個別のプラスチックによるパッキングへの課税をした方が、

店側も買い手側も過剰パッキングを敬遠するだろうし、万引き対策も出来るのにななんて思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

 

 

 

 

(Visited 59 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です