本当に貴重なモノって、実は身近にある。

 

どうも、ZENです。

 

息子のYOUTUBEです。

最近、ZOOMの家庭教師の授業が忙しく、YOUTUBEを休んでおりますが

また、気が向いたら情報発信をしてくれたらななんて思います。

 

さて、余談はさておき本題に移ります。

過去、私は刺激を求めて海外を目指しました。

そして、連休があっても、日本に戻る事なく

旅行をしたり、友達に会うために韓国に行くって事を繰り返していました。

 

また、日本に帰国しても友達の家を渡り歩いたり、お気に入りのレストランに行き

実家には帰国日と帰国前日ぐらいしかいない様な生活を楽しんでいました。

 




30歳を超えて来ると価値観が変わりました。


今でも、旅行は好きだから行きたいし、外で美味しいものも食べたいとは思います。

しかしながら、昔ほど外食したいと思わないんですよね

 

やっぱり、家で妻が作ってくれる料理が一番好きだし

日本に帰国しても、実家で母が作ってくれる料理が食べたいと思う。

妻の実家に行けば、義母が作ってくれる料理が食べたいと思う。

 

なんだか、家が一番落ち着くんです。

街中よりも田舎の方が落ち着くんです。

多くの友人に囲まれて遊ぶよりも家族で過ごしたり

友達家族とのんびり過ごす方が心地良いんです。

 

何だか、物欲が無くなったと言うか

刺激を求めなく無くなったと言った感じです。

 

ただ、息子は違います。昔の私と同じく

常に友達と一緒に遊びたいと思っています。

外食大好きです。

魚や野菜よりも肉が好きです。

 


旅行から戻って来た時に感じる『ほっと』する感覚から感じる事


旅行に行って、何時もと違う刺激的な時間を過ごし、ご当地グルメを楽しむと

すごくワクワクします。

 

ただ、そんな楽しい日々を過ごしていても、家に帰ってお茶漬け食べたらほっとするとか

そんな素朴なモノが意外と欲しくなったりします。

 

そして、思うのが家が一番落ち着くと言う事。

 

そこで思うのが、隣の芝生は青く見えると言いますが

その隣の芝を体験は、短期的には最高の気分を味わえますが

長時間いると、気楽ないつもの環境が良いと思ってしまいます。

 

なんだかんだ言っても、住み慣れた我が家が一番なのかななんて思います。

 


さいごに


 

人生で貴重なモノって考えた時に最近は、家族と当たり前の様に過ごす

日常なのかななんて感じる様になりました。

 

もちろん、旅行に行きたいとかお金欲しいなんて思います。

ただ、もしあなたが明日死ぬとすれば、最後にどう過ごしたいかとか

何が食べたいかと聞かれたら、妻が作るご飯を食べて家族と一緒に過ごしたいと言った

既に手に入れている当たり前の生活だったのです。

 

10代20代の頃の自分に聞くと別の回答となったと思いますが

人生を積み重ねると身近なモノに幸せや安堵感を感じる様になったので

貴重なモノって、隣の芝にあるものではなく

身近なモノだったと言うお話でした。

 



 

最後まで読んでいただきありがとうございます

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

(Visited 60 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です