ベトナムの物価事情

 

 

どうも、ZENです。

 

東南アジアに旅行すると物価が安いので、プチ贅沢が出来てしまうというイメージが

強いと思います。

 

ただ、外国人として生活する分には安くはありませんので

ベトナムの物価事情について、少しシェアをさせていただきます。

 




家賃事情


ホテルに関しては、3星以下だと2000円くらいあれば泊まれます。

リゾートホテルでも家族で10000円以下でも泊まれます。

勿論、髙い部屋は日本同様に数万円します。

 

では、ベトナム人が住む家は1万円位あれば住む事が出来ます。

しかしながら、外国人は借りる事が出来ません。

 

ハノイで外国人が住むマンションの相場は、10万円~30万円位です。

過去の中国もそうですが、一般のベトナム人が住むマンションは

外国人が住む事が出来ません。もちろん、グレーな方法で住む方法は

ありますが、安全面を考えるとおススメは出来るものではないので

家賃だけを見ると安くありません。

 


食材で安いのは、ベトナム現地で採れる野菜と果物だけです。


日本食材は、納豆3パックセットが400円位します。

その他もそうですが、大体日本の2.5倍~3倍の価格設定が一般的です。

 

卵も1パック10個入りで250円位します。

お肉も下手すりゃ日本より高いです。

薄切りスライス肉や日本のスーパーレベルの牛肉なんかは

確実に日本より高いです。

 

安いモノと言えば、季節の野菜と玉ねぎ、ジャガイモぐらいです。

果物で言えば、パイナップルが一個50円やバナナ一ふさ100円と

旬な果物ぐらいです。今で言えば姫リンゴで1㎏ 150円位です。

ブドウやキュウイ等の輸入フルーツは、日本より高いです。

 


外食事情


ベトナムのローカル料理は、200~300円あれば、お腹いっぱい食べれます。

ただ、ショッピングモールに入っている様なお店だと500円~1000円はします。

 

日本食は、勿論日本より高いです。

西洋料理も、日本より高いです。

とにかく、輸入食材を使うと関税が高いので、日本で外食で食べるのと変わらないか

それよりも割高感はあります。

 


衣料品や日用品


ローカルのモノは安いです。

特にオーダーメイドは安いです。

漆塗り製品等の工芸品を郊外にある工房に出向けば

日本で買うよりも数十分の1レベルの価格でオーダーメイドしてくれます。

妻はお茶を習っていますが、日本で買うと16万円ぐらいする漆塗りのお茶セットが

1万円程で作れます。(ミニマムオーダーがあるので、複数人でオーダーする必要あり)

 

ただ、市内にも漆塗りの製品は沢山売られていますが

それなりのお店に行くと安くはありません。

 

衣料品ですが、ユニクロ等もありますが、日本よりも髙いです。

また、市場の模造品とオーダーメイドを除けば、輸入品レベルを要求してしまいますので

日本より高いです。

 


さいごに


ベトナムで外国人として生きていくには、物価は日本よりも高いです。

また、電車やバスの交通網が発達している訳ではないので、移動はタクシーに

頼る事が多いので、直ぐに数千円単位で交通費が掛かってしまいます。

 

ここ最近、ネットビジネスで稼いで東南アジアに移住なんていう人がいるので

 

安くて住みやすいと考えがちですが、実際はローカルと同じものを食べて

グレーな方法で安いマンション契約をしなければ、安い生活費で暮らすなんて

実現しません。

 

もちろん、外国人が住めるマンションはプールが付いていたり

日本ではなかなか住めないマンションではあるので、少し贅沢が出来ます。

 

また、日本では高級品となる職人技による製品は安くオーダーメイド出来るので

高級品を安く手に入れる事も可能です。

 

何を重要視して、物価を判断するかによって評価は変わると思いますが

ただ単に安い生活費を追い求めるだけならば、ここベトナムにおいては

物価の高さに挫折してしまうかも知れませんね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

(Visited 66 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です