人生を良くするには、少し前を向いて歩こう

 

どうも、ZENです。

 

年の瀬となれば、1年を振り返る事が多くなります。

私自身も1年を振り返り、良かった点や悪かった点等を色々考えております。

 

定期的に過去を振り返る事は良い事だと思います。

 

しかしながら、いつも過去を振り返っていても

理想の人生など手に入りません。

また、現在を見ているよと言っても、それは頭の中で処理する頃には

過去の出来事になっております。




人が移動する時は、常に少し前の状態を見ています。


車を運転する時は、常に少し前の状況を見て、ハンドルやアクセルの操作を行います。

なぜならば、少し先の状況を見て判断をしなければ、判断が遅れて事故を起こしてしまうからです。

 

歩いている時もそうですね。足元ばかり見ていては、前から来た人に気付かずぶつかったり

電柱等にもぶつかってしまう事があります。

 

何か考え事をしている時は、足元すらも見ていないので、普段では考えられない様な

危険なミスを犯しかねません。


普段の生活で少し前を見る事の大切さ


移動する時は、常に少し前を見て行動をしているので、トラブルを回避出来ていますが

なぜだが、通常の生活が上手くいかないと思う場合は、目の前の事ばかりに注意を払い

少し前を見ていない可能性が高いです。

 

目の前の出来事に注意を払っていると言う事は、既に起きてしまった出来事に対してのみ

対処している事になるので、悪く言えば運任せで外的要因に流されているだけの人生となってしまいます。

 

自分の思い通りの人生を過ごそうと思えば、まず行き先を明確すると言う事は絶対条件となりますが

常に目的地に進むための選択をする為に少し前の出来事を予想し、予めハンドルとアクセルを調整しながら、トラブルを回避していく事が必要になります。


さいごに


人生は、車の運転同様に行き先を決めて目的地に到着する為に

少し前の景色を見ながら、ハンドルやアクセル操作をすれば、

大抵のトラブルは事前に対処出来るので、どうにかなる事が多いです。

 

会社で仕事をしていてもそうだと思いますが、目標を達成する為に未来を予想しながら

事前に準備を進めて様々な対応をしていると思います。

 

子供の頃は、将来の出来事がある程度決まっている為

テスト勉強をしたり、目指す大学を定めて赤本で勉強したりと

事前に準備を進めて対応していたと思います。

 

ただ、大人になると過去の私もそうですが、ただ単に会社に出社し帰宅する

だけの日々を送る。もちろん、子供の学費等もしっかりと稼がなければならないので

色々計算はしますが、将来いくらのお金がいるからどの様な行動に移さなければならない等

行動に移せていない為、ただただ無理だと諦めたりしがちです。

 

諦める人生にサヨナラする為にも、少し前を見て事前準備をしながら対応する人生を

歩んでいきたいものですね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

 

(Visited 38 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です