正直者がバカを見る日本です

どうも、ZENです。

コロナ禍で病床が不足していると日々のニュースで大きな問題としています。

ただ、実際は病床が不足しているのは病院側が受け入れたくないから拒否しているだけなんです。

何故かって、コロナ患者を受け入れたら一般患者が診察に来ないからです。

倒産してやっと蓋をした実情が表に出たかと思いました。

 

確かに私自身も体調が悪くなった時にコロナ患者を受け入れている病院か受け入れていない病院かのどちらを選ぶかは、コロナ患者を受け入れていない病院だと思う。

それは、誰が見ても明白な事。

 

そして、コロナ患者を受け入れている病院に対するサポートがなかったりするのも社会の仕組み的にどうかななんて思います。

 

そして、私たちも実情を理解して、何故病床が不足するのか?

何故、コロナ患者を拒否する病院が多いのかを理解しなければならないなんて思いました。

そして、病床が不足している事に対する不満はあっても、その原因を作っているのが私たち自身である事も認識しなければなりません。

前からコロナの受け入れ病院が少ないから病床不足になっている事は知ってはいましたが、受け入れ病院がここまで苦労している事は理解できていなかった事に反省ですね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

(Visited 41 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です