GDPが高ければ個人も豊かなのか

どうも、ZENです。

景気の低迷で豊かさをあまり感じない日本。

しかしながら、GDPは世界第三位です。

まだまだ、世界で見ればトップレベルで豊かな国のはずなのに

何故なのかなんて思ってしまいます。

給料も上がらないどころか平均給与は年々下がる一方

本当に日本は世界トップレベルで豊かなのかを調べてみました。




個人レベルでの日本の立ち位置は


個人の収入レベルで言うと日本は何と23位なのです。

私は以前香港に住んでいましたが、ミドルレベルの毎月の支出金額は100万円です。香港では夫婦共働きが当たり前なのですが、夫婦で毎月100万円以上は余裕で稼いでいると言う事です。因みに香港は15位なので、トップレベルの国はどんだけ稼いでるんだろうかと思えてしまいます。

 

勿論、世界には200カ国以上ある事から豊かな方である事には間違いありませんが、やはりとしか思えない状況です。

更に国民の幸福度といえば

なんと、62位です。

日本の国力が高いとは言え、この順位は少し残念な結果です。

何だろう、この結果だと私たちは何の為に生きているのか

もっと、楽しんでもいいんじゃないかななんて思えてなりません。


さいごに


GDP上位イコール幸せや個人的に裕福では無いんですね。

私たちは幸せを感じて生きる為に日々を活動しているはずなのに

世界では金持ちと思われているのに個人ではそうでもない。

悩ましい問題です。

 

ただ、幸せは個人で感じるものなので政府や社会がどうにかできる問題ではないので、自分でなんとかするしかない。

そして、収入も平均賃金が下がったとはいえ、億を稼ぐ人は増えています。そう考えると個人的な収入も個人で何とかするしかない。

国力は国の戦略や企業の影響が大きいですが、そこは既に世界第三位なので申し分ありません。

結局は個人の行動に掛かっている。そして個人でどう感じるかに掛かっている。

全ては自分だと考える事ができれば、日本の幸福度も個人収入も良くなっていくんじゃないかななんて思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

 

 

(Visited 47 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です