小室さんと眞子さまの結婚の是非

 

どうも、ZENです。

小室さんと眞子さまの結婚が反対され続けておりましたが、ようやく反対を押し切り結納も無くほぼ勘当に近い形で結婚に踏み切ることになりました。

この結婚がどの様な結果になるかは分かりませんが、私自身は結婚に対しては反対です。




皇族は日本の象徴、可哀想だけれども自由を許すとその価値は無くなる


日本は現存する王族の中で世界で最も歴史があり敬意を払われる存在です。

明治維新の時に朝鮮系の人と入れ替わった等の都市伝説はあるものの日本を象徴する王族である事には変わりありません。

そんな王族に得体の知れぬ一般人との結婚が許されるとなると王族が王族としての権威を損なうだけで無く、外国の方と結婚した場合は、既に日本を代表する象徴とは言い難い存在になってしまいます。

もし、皇族が中国の習近平国家主席の親戚と結婚しても天皇家として

崇める事は出来ますか?金髪で青い目の天皇が出てきたらどう思いますか?

ヤクザと関係のある皇族がいたらどう思いますか?

 

これは、極端な話かも知れませんが、自由に結婚が許されると天皇家としての地位が危ぶまれる事にもなり、存続すらも危ぶまれても仕方ないと思います。


さいごに


保守的と言われれば、それまでで、今時そんな事に拘る必要も無いとの意見もあるでしょう。

第二次世界大戦時に日本の皇族と朝鮮王朝、中国王朝との結婚による血の交わりがあった事は事実としてありますが、それは王族同士である事と結婚した皇族は皇族から出ていると言う事があります。

今回の小室さんとの結婚も皇室を出るとは言え、次期天皇の姉夫婦となる可能性がある立ち位置の方です。

そんな方が問題の多い小室さんと結婚しアメリカに住むとなると戦略的に二人に近づき良からぬ事を考える国や組織に利用される未来が見えるので、個人的な考えでの行動に出ないで欲しいと思うんですが、最悪の事態に陥らない事を望むばかりです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ブログランキングに協力していただけると励みになります。

 


社長ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お勧め情報

人生を変える魔法の講座が30日間無料で体験出来ます。

私自身もこの講座を受けてから物事の考え方が変わりました。

興味がある方は、こちらから登録してみてくださいね。

こちら

 

 

 

 

 

(Visited 52 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です